チョビット's diary

自律神経ガタガタ。考え方を変える為のメモ

PMS周期 (日々更新)

⚫️1月の生理10日前:

・交感神経が強くなる。

・寝つきが悪く(寝落ち寸前にビクッとなったりする)朝、パッチリと目が覚め起きれる。眠りが浅い?

・心臓がバクバクする、手の震え

・喫煙欲が高まる

・快活で元気気味

f:id:zoronanaband112:20180216123523j:image

基礎体温だと丁度、高温期に入ったところ。

 

⚫️2月の生理が遅れております。予定では1日遅い。

・朝起きて、頭がモヤ〜としてる。

・布団に戻りたくなる。まだまだ寝ていたい。

・今日一日やらなくてはいけない事がやりたくなくなる。

・休んでもいい理由を必死に探す。

・腰が痛い!お腹がズーンと重い。

結果として、休めない仕事があったので危うく休まずに済んだけど、あんなにもう仕事休まない!って誓ったのに、いとも簡単に思考が休みモードに入るので恐るべし。

f:id:zoronanaband112:20180226224212j:image

突然高温になったんだけど、高温なら仕事大丈夫なハズなのに。

▪️と、昨日書きましたが、今日来ました。正確には昨日オリモノっぽいのがあったので昨日かな?

・体温が上がってるのが謎。

・ここから生理後の眠気に注意

▪️生理4日目(ほぼ終わり)
・柑橘系がむしょーに食べたくなる。
・食欲が落ちる。

 

⚫️3月の生理は二日前に風邪を引いた。熱は出ないが鼻から上がボーッと熱い。悪寒、くしゃみ鼻水。風邪が酷くなりそうだったので仕事を1日だけお休みした。結果がそのまま8連休とドツボにはまった。

◾️低温期に安定剤を飲むと朝起きれない?低温期は眠い?

f:id:zoronanaband112:20180416230004j:image

排卵日前が低温期で排卵日後が高温期。

 

⚫️4月生理5日前。排卵日前後でグダグダ。調子悪い。クッソだるい。常に眠く休みの日もほぼ横になってる感じ。で、ポツポツと仕事を休む次第。

f:id:zoronanaband112:20180416225108j:image

◾️今日までの体温だけど、もう高温期も低温期もよくわからん。常に眠い。

・グラフでいくと排卵日から調子が優れない。やっぱり薬は減らした方がいいのかなぁ。

・とにかく眠気が酷いので今日から薬は半錠もしくは飲まない日を作ります。一錠はやめる。 

◾️排卵日後に柑橘類が無性に食べたくなった。何か疲弊してる…?

 

⚫️その後、生理来てからのいつもの排卵日前のダウナー。

f:id:zoronanaband112:20180506001934j:image

・からの排卵日後のダウナー。ずっとダウナー。会社行けない。。

・因みに体温計を婦人体温計に変えてみた。低温、高温がハッキリ出るので、基礎体温は普通の体温計では測っちゃ駄目なのね。テヘ。

 

⚫️5月の生理

▪️生理3日くらい前は眠りも浅く朝起きるのに苦労がなかった。あと、割と活発だった。

▪️生理開始からダウナー。凄いダウナー。何もしたくない。体がクッソだるい。何もしたくない。

・立ちくらみが酷いので、貧血から来るだるさなのか?

・貧血症ってどうやって治すの?鉄サプリは飲んでるけど一向に改善の兆しなし。

▪️生理後からの排卵日まで貧血が酷い。まふ気分もダウナーで朝起きれない事もしばしば。そして夜寝れない。

▪️低温期(生理後、排卵日前の期間)は良い時期のハズだけど、私の場合はこの時期が1番倦怠感が強いのが分かってきた。やっぱり日々の記録をしないとフワッとして自覚が無い事が多いね。

f:id:zoronanaband112:20180528130833j:image

…で、何故低温期にメンタル不調が続くのか。病院行っても誰も教えてくれない。泣

 

⚫️6月の生理

▪️会社を長期療養する事に。

▪️交感神経がギンギンで眠れない日が多かった。

▪️病院であんまり寝つきが良くない。と言うと薬が直ぐに増える。服薬すると副作用で日中に眠くて眠くて辛い。

▪️処方されてる薬を減らして飲む時間帯を変えてみたら生理後の猛烈な眠気と倦怠感が消えた…これ、薬合ってたの?合ってないから副作用強かったのではないかという疑念が…。

 

⚫️7月の生理

◾︎療養3ヶ月目にして毒が出てきた?1ヶ月目、2ヶ月目はまだまだ気が張っていたような…もっ凄い体調悪かったツラ…

◾︎主にメンタル面が酷かった。倦怠感とやる気のでなさ、シクシクと落ち込む日々。

◾︎排卵終わり(体温が上がり始めたあたり)からメンタルが回復気味。

f:id:zoronanaband112:20180726193111j:image

 

SWITCHインタビュー達人達を見て

毎週土曜日Eテレにて放送されている達人同士のインタビューの仕合が面白い。

市川猿之助×青柳貴史の回での猿之助さんの言葉にポロリ鱗。

決断の大事にしていることは

「腑に落ちるかしっかりくるか。動物的本能がバッと出る。生きるか死ぬか」

選択をせまられたときに

「究極迷った時はそれを決断することで人のためになるかならないか。世のためになるかならないか世の中の発展のためになるかならないか」

 

私は優柔不断な天秤座である。

ジャンケンでも寸前までチョキかグーで悩む(パーは置いとく)

負けた時に、真剣に悩んだ時ほど落ち込む。ほらね、自分が真剣に悩んだところで、どうせ負けるんだから私には決断する必要無いっていう思い込みの負積で今の人格が出来上がってる。クソしょうもない。

この悩んでる内容が良くない。これだけ悩んで出した結果だから必ず勝つハズ!という負けた時のメンタルの破壊を考えずに自分を信じてしまう。

要するに自分本位でしか物事を決断していないからメンタルがやられる。

何でもそうだけど自分本位で思考を動かすとブーメランで返ってくるから、この猿之助さんの「世のため人のため」の決断はモラルでは分かっていても日々の生活のなかでは全くできていない事だったんだなって。鱗が落ちましたというおはなし。

※7/21に再放送あるので必見

http://www4.nhk.or.jp/switch-int/2/

漫画 青のフラッグ読んでみた。

ちょいと前に漫画『青のフラッグ』の展開に悶絶〜と話題になってたので。

青春気分を味わいたくて読んでみました。既刊4巻で次巻読みたくて悶えております。笑

f:id:zoronanaband112:20180616205906j:image

自分は40超えた中年であるが、お勧めポイント

①青春物で味わえる過去の確実なる記憶が蘇る。以下の言葉が脳裏をビュンビュン飛び交います。

・あったわ〜こんな気持ちになる時あったわ〜

・わーかーるー

・くー戻りてぇ〜学生に戻りてぇ〜

 

②自分が嫌い、自分を好きになりたいと葛藤している時に読むべし。

・人と比較しちゃ駄目だよ。って自己啓発本とかメンタル関係のブログでよくお見かけするが、読んでいると客観的になれていい。このドロつく思いは皆んな持ってるんだなって。

 

③この先の自分の生き方に悩んでいる時。

・結局のところ人間はいくつになっても先の事に不安になり、未来はどうなるのか、どうすればいいのか。悩み続ける生き物なのだと。登場人物の10代の悩みと今の40代の自分の悩みが左程変わっていない事に。。

いや、まて、違うかも。何でもそうだけど作者は大人だからリアル10代の悩みとは言い難い。こんなシッカリと落ち込んだり怒ったりしたかな?と思い返しながら、もっと真剣に10代で悩んでおけばよかった…という思いにかられました。

 

雑誌は読んでないので5巻が待ち遠しいっす。

ETV特集「長すぎた入院 精神医療・知られざる実態」を見て。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/20/2259602/index.html

 

今でも精神疾患での通院には、誤診があったり、大量の抗うつ薬を処方され社会復帰に遅れる人や、うつ病ではないのにうつ病と診断されたり、様々な精神疾患名がある現代、医者も的確な判断が難しいのは分かる。

だが、診察室に溢れかえっている患者に対して一日に診察をしなくてはいけない人数が多いと3分程のヒアリングと薬の処方で終わる病院が山ほど溢れている。3分でなにが分かるのかな?と何度も思ったことがある。

 

番組での長期間入院をしてきた人々は時代の、日本の臨床心理の遅れが原因だと個人的には強く憤る。

病気の事を自分で調べられる時代ではない。医師から下される診断が絶対な時代である。

 

現代では医師からの診断に疑問を持ったらネットや本、セカンドオピニオンなど自ら戦う事ができる環境だ。それですらまだまだ事足りないと感じているのだから、番組の内容を見ていると「そういう時代」といった言葉が多く出てくる事にモヤモヤとした気持ちになる。

 

いつの時代も日本社会は「仕方がない」や「あきらめ」「皆んなそうだから」など目の前の雑務に追われ仕方がない事をどうにかしようとするエネルギーが足りない国なのだと思ってしまう。

 

医療機関だけでなく、世間の考えもまだまだ遅れている。ここ最近はようやくうつ病が認知されているが、それでも10年前までは「怠け病」と言われてもいた。

統合失調症はまだそんなに世間では受け入れられていない。その病名を知らない人も多いのでは?だいたい、いつもメディアで騒がれてから徐々に浸透していく。

学校の義務教育内に盛り込んではいけないのかな?差別と偏見を取り除く為と、何より自分の身に降りかかった時に知識があるのと無いのでは治療の期間も変わってくるではないだろうか。

 

※5月17日に再放送があります。番組の主となる方は早くに退院できていてれば、俳優さんとかにもなっていたかもしれないな。と思える程雰囲気のあるかっこいい男性でした。なので日本の時代の犠牲になった事がヒシヒシと伝わってきます。

大谷翔平がメジャーリーグで「毎日楽しい!」に改めて気が付かされたこと。

毎日が楽しい!と堂々と言える人を見ると「な、何故に…」と憤りを感じるのと同時に自分とは別の世界で生きている人なのだと、妙な納得で誤魔化して生きてまいりました。

 

しかし、シカーシ!違うんだよ自分。

「毎日が楽しい」と感じるのは自分次第。何も大谷さんもイチローさんも毎日幸せやラッキーの連続で宝クジが当たった訳でもなくて、自分の努力で勝ち取った今の環境に満足をしていて、かつ好きな野球をポジティブに、純粋に野球がすきだから「毎日楽しい」と言えるのである。

 

一方、毎日辛い、しんどい、苦しいと思ってしまう自分は今の仕事が合ってないとか、周りの環境が悪いからとか、恵まれてないからだとか。ネガティブ思考満載。

 

シカシ!その中には必ず楽しい事も体験しているハズなのに、楽しい事はフューチャーできずに、例えば「最近どお?」の他人からの質問で「地獄」とか自虐を言ってしまったり、丁度嬉しい事が合った直後に聞かれたとしても「うーん、ボチボチ?」とか、何かポジティブな発言ダメ!な自分がいる。

 

そこが、自分の課題。大谷翔平のポジティブオーラを見ていて目から鱗が出かかっている。あと少しで鱗が落ちそうなんだけど、毎日楽しいと言うのが怖いと思ってしまう筆者は根本的な何かが破損している模様なので、その細部を徹底的に探す旅に出かけます(インドとかの旅ではない)本やネットで認知の歪みの原因探しをします。

 

大谷翔平さんありがとう!今後とも頑張って!ニュース見て応援しています!

※野球は興味があまりないので見ないっす。

最終的に自分が悪いという考え方について。

相手に非があっても、最初こそは腹が立つが、時間が進むうちに「もしや自分が悪いのでは?」と思ってしまうのが心に悪いのではないか?

▪️イライラしないためには相手に期待をしてはいけない。相手を思い通りにしようと思うからイライラするのだ。それは全て自己都合なのである。

 

というのを、何かの本で読んだ記憶がある。

なので最終的には自分が悪いのでは?と思うようになっていったのだが、相手の悪いところを悪いと言わないのも、改善がされないのでその人の悪いところで又他の人に迷惑かかるし。仕事進まないし。てゆか、仕事だし。

仕事に行けなくなって11日目…

前日の夜までは

「よーし!明日から頑張るぞ〜」

→朝「行きたくないよぅ」

を、2017年の8月から月一回のペースで3〜5日間休んでしまう。ずーと続いている。

自律神経失調症なんです。とは会社に言いたくたくて言ってない。何故なら印象が悪いから。

所詮根性社会。診断書があっても心情は悪い。

 

薬をやめてみた。

起きれる!「行きたくないよぅ」が無くなった。安定剤って何だ?

確かに死にたい死にたいって状態には、薬のおかげで何もする気が起きないので自殺予防にはなるかもしれん。が、しかし社会人としての機能がもてなくなるなら、いつまで経ってもズーっと、繰り返しで治らないんじやん?

心療内科もなかなか、薬以外での治療を勧めてくれなきのが現状。自分の治療には薬だけではいけないのでは?と思っていても提案されなければ動けないのが、この病の軸ではないのかしらね?